たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  府中市 府中市


2015年01月10日

若さや美しさを保つためには、何時に寝て何時間寝るといいの?

カギは成長ホルモンにある!!

女性が常に求めるお肌のハリやツヤ!肌の状態によっては若く見られたり老けて見られてしまうこともあります。肌に与えるダメージというと紫外線がイメージされやすいですが、そのほかにも栄養不足や睡眠不足などもお肌の美しさを保つ重要な要素となります。睡眠時間は人によって個人差がありますが、しっかりと質の良い睡眠をとることは見た目の若さを保つためには欠かすことができません。現代社会に生きる私たちにはたくさんのストレスや疲労が蓄積されやすいですが、それらを軽減することによって深い眠りにつくことができて若さを保つ成長ホルモンの分泌が促されるようになります。

★成長ホルモン
成長ホルモンは筋肉を付けたり肌にハリやツヤを与えるために重要な役割を持ってますが、成長ホルモンが最も分泌される時間帯があり、それが午前1時~3時ころと言われてます。この成長ホルモンは質の良い睡眠の時ほど分泌量が増えることがわかっていて、熟睡することで若さをたもつための成分が出てくると思っていいでしょう。ほかにも成長ホルモンと同時にメラトニンというホルモンの一種も分泌され、メラトニンは肌のシワやシミの原因となると言われる活性酸素を除去してくれる作用があるそうです。仕事の時間が不規則で深夜まで残業や、夜中までテレビを見てる生活やパソコンを長時間行ってしまうと、脳が活性したままになり若さを保つ成長ホルモンやメラトニンの分泌を妨げてる可能性があるのです。午前1時~3時にしっかり熟睡するためには、今の生活リズムだと何時に寝るといいか逆算してみてはいかがでしょうか。睡眠時間に関しては、個人差があるので難しいところですが、最低でも6時間は確保したほうがよいと言われてます。

★熟睡のコツ
●寝る2時間前はテレビやパソコンをなどをしない
●寝るときは部屋を真っ暗にする








  • Posted by たまけん  at 14:43 │成長ホルモン



    削除
    若さや美しさを保つためには、何時に寝て何時間寝るといいの?